2010年10月の記事 - 1ページ目 - DTMforU

スポンサーサイト

信号の流れを把握することが重要

DTMはじめ音楽機材を扱う上で重要なのは、信号の流れを把握すること。流れが把握できていれば、「音が出ない」などのトラブルに遭遇した際、すばやく原因を特定することができます。また、環境が変わった場合もそのシステムを理解することができます。ハードウェア音楽機材の場合、信号の流れはあらかじめ用意された回路やプログラムによりますが、これらは仕様書の後半にある「ブロックダイアグラム」を見ることで把握することが...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。