Logic - スポンサー広告Logic

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Logic



AppleのDAWソフトとして、知らない人はいないくらい有名な Logicシリーズです (´▽`)

Logicシリーズは、もともとEmagic社の製品でしたが、2002年7月にAppleがEmagic社を買収。Apple社が100%所有する事業部門となりました。かつては周辺機器なんかも出てたんですが、見かけなくなってしまいましたね。

音楽ソフトとして古い歴史がありますが、Apple社の製品になってからは、特にビジュアル面やユーザー目線側からの機能強化が図られています。

Logicの強みは、まずApple社の製品であるという点がひとつ。パソコン本体やOSを手がけるApple社が開発を手がけているソフトウェアなので、当然最新OSへの対応や動作の安定性はもちろん最大限のパフォーマンスが引き出せるわけです。

たとえば、Windowsで考えると、OSだけでもXP(SP1~3)・VISTAやWindows 7・8・・・とありますし、パソコンを作るメーカーもさまざま。さらに言えば、パソコンに搭載されているパーツ(CPUやサウンドボードなど)によっても、ソフトウェアのパフォーマンスは異なってきます。WindowsをリリースするMicrosoft社はDTMソフトをリリースしていませんし。

あと、これは有名な話ですが、Macにはじめから入っているGaragebandで制作した楽曲ファイルをそのまま読みこめるのも魅力のひとつ。ガレージバンドからのステップアップでLogicに移行すると、あらゆる所にまで手が入れられる点に驚いてしまうかもしれません。

▲「トラックフォルダー」により、1トラックで複数テイクを管理


▲「フレックスツール」によるオーディオのタイミング修正



そして、内蔵エフェクト・シンセ類の充実度はLogic最大の強み。デフォルトで内蔵されているシンセやエフェクターだけで充分に音楽制作が完結できます。膨大なサウンドライブラリーを試し聴きするだけでも、寝不足な日々が続きそう・・・。


▲LoopBackによるサウンド・オン・サウンド演奏が可能


なお、従来のパッケージ販売からApp Storeからのダウンロード販売のみに完全移行し、大幅なコストダウンが実現!

より 安価に導入できるようになりました+.゚(*´∀`)b゚+.゚


2015.12 文面修正しました。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。