シンセサイザー(ワークステーションタイプ) - [ BASIC ]

シンセサイザー(ワークステーションタイプ)



シンセサイザー(ワークステーションタイプ)

シーケンサーの搭載により、演奏の記録・曲作りに対応したシンセサイザーです。


YAMAHA ミュージックシンセサイザーMM6
▲61鍵盤タイプのMM6
YAMAHA シンセサイザー MM8
▲88鍵盤(ピアノタッチ)タイプのMM8

YAMAHA MM6・MM8
多くのアーティストが使用するMOTIFシリーズのサウンドを引き継いだモデル。演奏を記録するシーケンサー部は、鍵盤演奏8トラックとパターントラック(パターンを使った演奏)への記録が可能。本格的な音楽制作を行うのであれば、付属のCubase AIを併用するか上位モデルがおすすめだが、サイズ・重量などの機能性とコストパフォーマンスが魅力のシンセ。

<主な特長>
・「61鍵盤タイプ」 , 「88鍵盤(ピアノタッチ)タイプ」がある
・音色数569音色
・213種類のアルペジオパターンを搭載と様々な音楽ジャンルの伴奏パターン(168種類)を内蔵
・重量:MM6:5kg , MM8:15.6kg
・USB MIDIに対応し、音楽ソフトへの打ち込みが可能
・Windows/Macの音楽ソフト「Cubase AI」付属






コルグ / KORG 61鍵シンセサイザー M50 Music Workstation M50-61

KORG M50
M3の発音方式を引き継ぎ、TritonシリーズでもおなじみのGUIをもつM50は、「イイトコ取り」のコピーもうなずけるシンセサイザー。ダンスミュージックのようなループベースのトラック制作にも対応する16トラック(+1マスター)のシーケンサー部は、慣れると素早い制作も可能。重量も控えめで持ち運びもできるサイズ。

<主な特長>
・「61鍵タイプ」 , 「73鍵タイプ」 , 「88鍵(ピアノタッチ)タイプ」がある
・音色数1,000音色以上(プリロードプログラム/コンビネーション/ドラムキット数で計算)
・一般的な5種 (UP、DOWN、ALT1、ALT2、RANDOM)のアルページエータパターンと、各種音色に適した900個のアルペジオパターンを搭載
・重量:M50-61:6.8kg , M50-73:8.2 kg , M50-88:20.8kg
・USB MIDIに対応し、音楽ソフトへの打ち込みが可能
・最新音源システム「EDS」により、オシレータ 2基(最大 8つのステレオ・マルチサンプル・4 段階ベロシティ・スイッチ)と、最大4つのフィルター(4種のモード・ルーティングを持つフィルター2基)、2基のアンプ、5基のLFO、5基のEGを同時に使用可能。



ローランド 128ボイス・エクスパンダブル・シンセサイザー JUNO-G


ROLAND JUNO-G
上位Fantomシリーズの血を引き継ぎ、ワークステーション・シンセとしては手頃な価格で人気なJUNO-G。ソングレコーダー機能によりボーカル等のレコーディングも可能(この機能を多用するにはメモリー拡張をおすすめ)。軽量・小型で持ち運びも容易な人気モデル。

<主な特長>
・音色数1,000音色以上
・音色拡張ボード(別売り)の使用により、音色の追加が可能
・重量6.2kgと軽量
・外部音声のレコーディング及びサンプリングが可能
・USB MIDIに対応し、音楽ソフトへの打ち込みが可能
・Windows用の音楽ソフト「SONAR LE」が付属




YAMAHA ミュージックシンセサイザー MO8
▲61鍵盤タイプのMO6
YAMAHA ミュージックシンセサイザー MO6
▲88鍵盤(ピアノタッチ)タイプのMO8

YAMAHA MO6・MO8
MOTIF ESと同クオリティの音質を実現したMOシリーズ。(MOTIFシリーズは、ESの後XS,XFと出ているので3世代前にあたるエンジンだが、ESシリーズもが多くのプロが使用したモデル) コストパフォーマンスに優れたモデルで、この価格でMOTIFのサウンドクオリティを手に入れられるという点が魅力の中堅クラス。上位のMotif XFに比べると軽い点や、アルペジエーターやリズムのパターンが多数収録されているのも魅力。

<主な特長>
・「61鍵盤タイプ」 , 「88鍵盤(ピアノタッチ)タイプ」がある
・音色数800音色以上(プリセットサウンド数)
・1,787種類のアルペジオパターンを搭載
・重量:MO6:・10.4kg , MO8:21kg
・主要音楽ソフトのコントロールが可能
・USB MIDIに対応し、音楽ソフトへの打ち込みが可能
・Windows/Macの音楽ソフト「Cubase AI」付属




KORG M3XP-61 ”XPanded” シンセサイザー
▲61鍵盤タイプのM3XP-61
KORG M3XP-73 ”XPanded” シンセサイザー
▲73鍵盤タイプのM3XP-73
KORG M3XP-88 ”XPanded” シンセサイザー
▲88鍵盤(ピアノタッチ)タイプのM3XP-88

KORG M3 XPanded

斬新なデザインのM3が、内蔵音色を大幅拡張しリニューアル。アルペジエーターをスライダーの可変で様々なパターンに変化させたり、画面手前のPAD類に鍵盤で抑えたコード等をメモリーして即座にプレイするなど、クリエイティブな機能を多数搭載するM3 は、タッチパネルによる操作も軽快。個人的に、KORGシンセはオルガンサウンドが好みだったりする。

<主な特長>
・「61鍵盤」 , 「73鍵盤」 , 「88鍵盤(ピアノタッチ)」がある。
・音色数1,700音色以上(プリロードプログラム/コンビネーション/ドラムキット数で計算)
・KARMA機能(独自のアルペジオ生成機能)2,093プリセット
・重量:M3XP-61:14.1kg , M3XP-73:17.3kg , M3XP-88:26.5kg
・外部音声のサンプリングが可能
(AIFF、WAVE、AKAI(S1000/S3000)、SoundFont2.0、KORGフォーマット・サンプル・データをロード可能)
・主要音楽ソフトのコントロールが可能
・USB MIDに対応し、音楽ソフトへの打ち込みが可能
・音楽ソフトのプラグインとして動作するエディターソフトが付属





フラッグシップモデル

各社の最上位にあたるこのクラス。豊富な音色数・機能と抜群のサウンドクオリティを備え、世界中のミュージシャンが使用しています。


KRONOS88鍵盤
▲88鍵(ピアノタッチ)タイプのKRONOS
KRONOS73鍵盤
▲73鍵(ピアノタッチ)タイプのKRONOS
KRONOS61鍵盤
▲61鍵(ピアノタッチ)タイプのKRONOS

KORG KRONOS

2011年4月9日発売のKORG KRONOS。ラインナップは88鍵盤タイプ、73鍵盤タイプ、61鍵盤タイプの3種。上位の88鍵盤タイプと73鍵盤タイプには、RH-3ウェイテッド鍵盤(ピアノタッチ)を採用。

KRONOSは、KORGが満を持して提唱する9つのサウンドエンジンをもとに、扱いやすいインターフェイスとサウンドクオリティを備えています。(KRONOSに関しては、こちらにも記事を書いています。ご参考まで)

<主な特長>
・音色数
1,664 ユーザー・メモリー・プログラム(1,536(768 HD-1+768 EXi)プリロード)
1,792 ユーザー・メモリー・コンビネーション(480 プリロード)
152 ユーザー・メモリー・ドラムキット(78 プリロード)
※「プログラム」とは基本ひとつの音色で使用するモード。「コンビネーション」とは複数の音色を組み合わせて使用するモードのこと。
・音色拡張ボード(別売り)の使用により、音色の追加が可能
・KARMA機能(独自のアルペジオ生成機能)2,048プリセット
・外部音声のサンプリングが可能
(AIFF、WAVE、AKAI(S1000/S3000)、SoundFont2.0、KORGフォーマット・サンプル・データをロード可能)
・ディスク・ドライブ SSD(2.5インチ、30GB)搭載
・USB AUDIO/MIDIに対応し、音楽ソフトへの打ち込みおよびオーディオレコーディングが可能
・質量 (61鍵:12.5 kg、73鍵:20.3 kg、88鍵:23.0 kg)






YAMAHA MOTIF XF6 シンセサイザー
▲61鍵盤タイプのMOTIF XF6
YAMAHA MOTIF XF7 シンセサイザー
▲76鍵盤タイプのMOTIF XF7

▲88鍵盤タイプ(ピアノ・タッチ)のMOTIF XF8

YAMAHA MOTIF XF
多くのプロ・ミュージシャンが使用するシンセサイザーMOTIFシリーズの最新モデル。カスタマイズが可能な新GUIを採用。サンプリング機能を重視し、128MBの内蔵SDRAMを新たに搭載。豊富なアルペジエーターパターンや、ヴィンテージ機材をシミュレートしたクオリティの高いエフェクト群、そしてなによりもアコースティックピアノを手がけるYAMAHAならではの、重厚かつロングトーンでは溶けいるようなピアノサウンドは弾いていて気持ちが良い。

<主な特長>
・音色数1,353音色
・音色拡張ボード(別売り)の使用により、音色の追加が可能
(メーカーページより音色・アルペジエーターなどの追加ダウンロードが可能)
・7,881種類のアルペジオパターンを搭載
・重量:XF6:15.1 kg , XF7:17.2 kg , XF8:28.9 kg
・外部音声のサンプリングが可能
・主要音楽ソフトのコントロールが可能
・USB MIDに対応し、音楽ソフトへの打ち込みが可能
※オーディオの送受信はFW16E(別売)によりに対応
・音楽ソフトのプラグインとして動作するエディターソフトが付属
・Windows/Macの音楽ソフト「Cubase AI」付属





Roland ミュージック・ワークステーション FANTOM-G6
▲61鍵盤タイプのFantom-G6
Roland ミュージック・ワークステーション FANTOM-G7
▲76鍵盤タイプのFantom-G7
ローランド シンセサイザー Roland Music Workstation Fantom G8 FANTOM-G8
▲88鍵盤タイプ(ピアノ・タッチ)のFantom-G8

Fantom-G
Fantom-Gシリーズは、大型のカラーディスプレイを装備し、内蔵オーディオトラック(24ステレオ)や外部MIDI機器などを組み合わせれば、最大152ものトラックを管理できる大型シーケンサーを装備。88鍵盤全てをサンプリングしたピアノ音色も搭載した、プロフェッショナル・ユースなシンセサイザー。サウンドは、アタック感がありシャープなサウンドが多い。ベロシティ(鍵盤を演奏する際の強弱)による音色変化などはさすがだ。

<主な特長>
・音色数1,600音色以上
・音色拡張ボード(別売り)の使用により、音色の追加が可能
・重量:G6:14.5 kg , G7:16.6 kg , G8:33.6kg
・外部音声のレコーディング及びサンプリングが可能
・USB AUDIO/MIDIに対応し、音楽ソフトへの打ち込みおよびオーディオレコーディングが可能
・Windows用の音楽ソフト「SONAR LE」が付属





→エントリーモデルのシンセサイザーを比較する
→アナログ・モデリングのシンセサイザーを比較する


0 Comments

Leave a comment