MDR-CD900STとMDR-7506 - スポンサー広告ヘッドホン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MDR-CD900STとMDR-7506

MDR-CD900ST

スタジオ定番ヘッドホンとして知られる "SONY MDR-CD900ST"。

個人的にずいぶんと古くから使用しているヘッドホン。

古くから使用しているので、断線して買い換えたこともあったし、使い続けたことで音質が変わってきてしまい新しいものに買い換えたこともあった。パーツ購入で部分的に修理をしたりもする。

とりあえず、MDR-CD900STはあまり長く使い続けると、だんだん中低域のふくよかさが衰えてくるせいか、ハイが出てシャリシャリした感じに聞こえるようになるケースが多いように思う。

そう感じてきたら、観念してスピーカーを交換するか、新しいものに買い換えた方が良い。

耳を悪くする前に・・・。

しかし、こういうのって長い期間でじわじわ音が変わっていくから気付きづらいんですよね。

でも新品と聴き比べると一目瞭然。そう考えると、ほんと1台だけで使うのはこわいとつくづく思う。

・・・と、まぁそんな話はそこそこにして、この使い慣れたMDR-CD900STにそっくりな、同社の "MDR-7506"というモデルがリリースされているのはご存知の方も多いはず。

MDR-7506

このモデルの存在は前から知っていて、折りたためる、ステレオミニで使用できる、あとはカールコード仕様だということくらいは知ってました。でも、一番肝心な 出音がMDR-CD900STと比べてどう違うのか までは知らなかったんです。

ところが最近ひょんなことから、このMDR-CD900STと知り合いの使用するMDR-7506が目の前にある状況で時間をもてあます、という機会があったもので「ちょっと聞き比べでもしてみるか」と思い立った次第です。

▲赤ラベルのMDR-CD900STとブルーラベルのMDR-7506

写真は実際に聴き比べてみた実機。左のMDR-CD900STは自分の相棒。右のMDR-7506の方は持ち主がDJの方なもんで、持ち運びもあってか少々お疲れ気味。どちらも新品じゃないので、正直出音は正確じゃないかもしれません。

まぁ、なんとなく思い立ってやった聴き比べなので、本気で比べたい方はちゃんと聴きなれたCDなど持って、お店で試聴してみてください。

…で、早速出音を聴いてみたところ、聴きなれた MDR-CD900STに比べるとMDR-7506の方はやや音源が遠く感じるイメージ。

へぇ!やっぱ違うなぁ!とまずは感心。

そのせいか、シャープな印象が少なく聴きやすい感じ。またMDR-CD900STに比べると全体音量が若干だが小さい感じも。

そもそもMDR-CD900STの方は、主に制作に使用しているんですが、シンセなどの打ち込み系音色のキャラクター、リバーブなどの空間系エフェクトのキャラやリリース感、ヴォーカルのリップノイズやリージョン突入時のプチノイズなんかはよくわかる。

なのでノイズ処理にはコイツは欠かせない。

とにかく、ひとつひとつの音を正確にとらえたい、という用途には向いているヘッドホンだと思います。一方で、他のヘッドホンに比べると音源が近く感じる、音場感や立体感に欠ける、迫力がない、聴いていて疲れる、と感じることも。

MDR-7506は、もう少しリスニング向けなイメージ でした。

音場感はMDR-CD900STに比べると自然だし、これなら長時間のリスニングも疲れづらそう。出音からも、折りたたみタイプでミニジャック仕様になっている点にうなずける。なによりサウンドハウス価格だと、MDR-7506の方は1万円を切っているので、特に高い解像度を求めるわけでなければ、このモデルで充分な気もする。

▲ストレートケーブルのMDR-CD900STとカールコードのMDR-7506

あと、個人的なことではありますが、何気にちょっと頭が小さいせいか、海外ブランドのヘッドホンだと物理的にサイズが大きく、頭にフィットしないことがしばしばあります。

ですが、MDRの場合は最も縮めて使うようなことはなく、縮める方向にはまだ余裕があります。

これはMDR-CD900STもMDR-7506も一緒。

こういうところも、男女問わず様々なタイプのお客さんが訪れるレコーディングスタジオで愛され続ける理由のひとつなのかもしれません。




- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。