NS-10M Studioのスピーカー交換 - [ その他情報 ]

NS-10M Studioのスピーカー交換

最近、モニタースピーカーNS-10M Studioのスピーカー交換を行う機会があったので、様子をアップしてみようと思います。

このNS-10M Studioは、高音部の「ツイーター」と低音部の「ウーファー」の両方を交換しようと思います。


ツイーター・ウーファーともに、六角のボルトが4箇所ずつ。見たままですが、レンチで簡単に開きます。

したら、ウーファーからいきますか。



ひとまず六角レンチで緩めます。開けるのは問題ないけど、閉めるときはあんまりトルクかけすぎるとバカになりそうでこわい。相手が木材なのでほどほどにした方が良いですね。

あと、この手の作業をする人は知ってると思うけど、閉めるときは対角線上のネジを順々に閉めていくことで均等に力が加わります。


で、こちらが交換する新品のツイーターとウーファー。


無事に取れました。中身の様子はこんな感じです↓


吸音材のグラスウールがいっぱい敷き詰めてあります。グラスウールは、車やバイクのマフラーとかにも使われているヤツです。あんまりガシガシ触ると、細かい繊維が手に刺さるので注意。


ここで半田ごての登場。古い方のウーファーを固定してある半田を溶かしつつ配線を外し、新しいウーファーを取り付けます。面倒だから平型端子付けて半田付け不要にしようかなぁ・・・ ま、また今度で。

コーン紙に半田が垂れる悲劇が起きないよう、パーツを梱包してある袋を中に敷くとちょうど良いです。あとは、外すときと同様に六角ボルトを取り付けて完了。








続いてツイーター。同じ径の六角ボルトが使用されています。これを外して・・・


ウーファーと同様に半田づけされていますので、半田ごてを使用して新しいものに交換します。

こんな調子でツイーター・ウーファーともに無事交換終了!

音質もシャッキリ、元気に復活しました!

ちなみに、YAMAHA のHPにオフィシャルにはNS-10M STUDIOのマニュアルがまだありましたよ。


今アマゾンに出品されているNS-10Mシリーズの中古品をチェック!

0 Comments

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  まとめteみた【DTM for U】
  • 最近、モニタースピーカーNS-10M Studioのスピーカー交換を行う機会があったので、様子をアップしてみようと思います。このNS-10M Studioは、高音部の「ツイーター」と低音部の「ウーファー」の両方を交換しようと思います。ツイーター・ウーファーともに、六角のボルトが...
  • 2012.03.19 (Mon) 20:54 | まとめwoネタ速suru