HDDが逝ってしまった… - [ その他情報 ]

HDDが逝ってしまった…




HDDが逝ってしまった…(+_+。)


たぶん、熱 (湿気?)が原因っぽいです。

ウチのデスクトップPCは Windows 7 Ultimate (64bit)、HDDは複数積んでいて

Cドライブ:システム1
Dドライブ:システム2
Eドライブ:素材など
Fドライブ:セッションファイル

という構成です。

何かあったときに備えて、CドライブもしくはDドライブから起動できるようにしていて、Eドライブ(素材)とFドライブ(セッション)は定期的にバックアップをとってます。

今回逝ってしまったのは、FドライブでセッションファイルのHDD でした。

幸い、不良セクタのエラー が出始めてからのクラッシュだったので、重要なデータはバックアップをとることができましたが、コピー時間を惜しんでバックアップを省略したいくつかのデータは犠牲になりました・・・

EドライブとFドライブは、購入日を確認したらもう6〜7年フル稼働していた ようです。

やっぱ、セッションファイルのHDDは頻繁に読み書きするから負荷がかかるのかな。録音したりアンドゥしたりしまくるし…

素材の方のEドライブはまだ大丈夫だけど、同型のHDDなんでこれを機に引退させ、ケースに入れて外付けにしました。ソフトシンセのライブラリなんかもこのドライブですが、別のHDDに変えてもドライブレターが同じなら問題ないみたいです。


結局のところ、致命傷は 不良セクタのエラーが出始めてからのフルスキャン だと思います。


エラーが度々出るようになったので、重要なファイルだけバックアップして ノートンディスクドクター で修復を試みたんですが、その負荷が大きかったようです。

症状的には「カチッ…カチッ…」という車のウインカーのような音 がして、1箇所を何度も読み返しているような感じで進む気配なし。ノートン上では「Bad Disk」と表示され、OSの管理画面ではフォーマットされていないディスクと認識されている状態。容量も0と表示されているので、これはアウトっぽい…( >_<)


ちなみに、 今まで使ったことのあるHDDのユーティリティソフトは、ノートンもそうですが、AOMEIもかなり優秀でした。あと、Data Rescue も。時間があるときに別のソフトでもデータ復旧試してみます。

今回学んだ教訓は、

『 HDDの様子がおかしいときはそのHDDを生かすことを考えるよりも、最悪の事態を想定して速やかにバックアップを行うべき!』

『 ハードウェアのメンテ (ホコリや熱対策)を怠らない!』


でした。いやぁ…ほんと気をつけよう…



メモリーやHDDなど価格変動がありますが、HDDはいま結構買いの時期のようですね。Amazonでも、3TBで1万円切ってます!!!





0 Comments

Leave a comment