ヴォーカルを録音する (KRISTAL Audio Engine 編) - ヴォーカルを録音する

ヴォーカルを録音する (KRISTAL Audio Engine 編)

Windowsのフリーソフト KRISTAL Audio Engine を使い、実際にヴォーカルを録音してみます。

実は、フリーソフトは動作やサポートなどの観点から個人的にはあまりお勧めではないのですが、根強いファンも多いようですので、実際に試してみました。


なお、同じくフリーソフトの DOMINO は、MIDIの打ち込み専用ソフトですが、このKRISTAL Audio Engineはオーディオ専門のソフトウェアとなります。

KRISTAL Audio Engineは製品版もあるようなので、インストール時に「トライアル(お試し)版で良いか?」などのアラートがでたりもします。

流れに従って インストール が無事終わったら、まず オーディオ設定 を行います。

この「最初にオーディオ設定を開く」というのは、基本の流れですねφ(ー`)


上部の「Engine」→「Preferences」で、開いたメニューから使用するオーディオ・ドライバーを選択し、チェックを入れます。


ちなみに、Realtek HD Audioというのは、パソコンにもともと付いているスピーカーやマイクを使うためのドライバーです。(デフォルトのオーディオドライバーはパソコンによって違ったりもします)

次に、元の画面にもどって マイク録音 の準備を行います。

トラックの写真の欄から音声の出力先を選択します。



パソコンのマイク端子にマイクをつなぎ、トラックの録音ボタンを押すと音声を入力します。

出力先に「ASIO」以外を選択している場合、まれに画面上のメーター上がっていても音が聞こえなかったり、極端に小さかったりすることがあるようです。

その場合は、Windowsのスタートメニューから「コントロールパネル」→「サウンド音声およびオーディオデバイス」に進み「サウンドとオーディオデバイス」に進み「音声録音」項目で音量を調節します。


ASIOドライバーを使用すると、KRISTAL上のモニタースイッチ で、マイクの音を聞くか聞かないかを切り替えることができます。(この機能を使用するには、ASIO対応のサウンドカードおよびオーディオインターフェイスが必要になります)

あとは、下図のトランスポートウィンドウにある録音ボタン「●」を押せば、録音開始!


なお、ヴォーカルを録音する上でバックのカラオケなどが必要な場合、KRISTALはmp3のオーディオファイルは読めないので、あらかじめiTuenesなどでWAVファイルに変換しておきます。

WAVファイルは、KRISTALの画面上にドラッグ・アンド・ドロップで取り込めますヽ(´▽`)ノ゚


0 Comments

Leave a comment